コードバン革財布

スペイン産コードバンの二つ折り財布・小銭入付き
コードバン財布はコードバンの中のコードバンと言われる、もっとも
美しいスペイン産のコードバンを使用したコードバン財布です。
このスペイン産のものは絶対量が少なく、またコードバン自体、1頭分からとれる量が少ないため製品がいくつも出来ません。
一口にコードバンと言ってもいろいろございます。
コードバン革財布
コードバン二つ折り財布など

もっと、よいものを!と言うご要望は多いようです。
コードバンと言う素材の名前は、それだけで十分にスティタスになる
名前なのですが、これにも偽物と言うより、ピンキリがあるようです。

馬が身を守るために進化したコードバン革財布は、ご成人やご結婚など、新たな門出のお祝いにふさわしい、行く先の安全を願う贈り物かと思います。


たいへん希少価値の高いコードバンをこのように加工してコードバン革財布になります。
表面のコードバンに合わせ、中作りはアメリカ産の牛キップ革(生後1〜2年)
をタンニンなめし、さらにそのキメの細かい革に軽くオイルを含ませ艶やかに
仕上げました。 色はその加工による自然の色です。
コードバン革財布は小さな革で、繊維のしっかりしたものです。 そのため、裁断・革剥き・縫製・組み立て・仕上げにおいて高度な技術を要求されます。
現在の日本における最高の職人を使い、ミシンをダブルステッチにして美しく艶やかに仕立てました。
メンズ・グッズの革財布製品として、最高のブランドはコードバンかと思います。
最高の職人が作るコードバン革財布とても仕上がりが良いです。

コードバン財布は貴重です
コードバンはスペイン産の比較的大きな馬から採れます。(本来はスペイン産のみ・スペインの小都市 コルドバがその語源です。)
この馬はかつては農耕用・食用として飼育されていましたが、現在では食用としてのみ、ごく少数生産され、その副産物としてコードバンは生まれコードバン革財布となります。
馬一頭から取れるコードバンはごくわずかです。(そのためコードバン革財布も作れるのはごくわずかです。)
 それは尻の革のごく一部でしかないからです。
馬の尻の艶やかな表皮の下にコードバン層があります。
コードバンは他の革のように、表面は使わないのです。
革の裏側を丁寧に削ってゆくと厚さ2mm足らずのコードバン層がやっと現れて来ます。 
これが、革の宝石と言われる由縁です。 つまり、硬い表皮に守られてさらにキメが細かく、丈夫なコードバン層が、革の中に眠っているのです。
牛革などはコラーゲン繊維が絡み合いながら横に走っていますが、コードバンはコラーゲン繊維が整然と縦に並んでいます。
また、コードバンは他の革のように2層構造ではありません。
牛革などは床(トコ)と呼ばれるベースの上に銀面(ギンメン)と呼ばれる表革が張り付いていますが、コードバンは単層の床のみです。
その裏側がコードバンの表面として使われているのでコードバン革財布はとても手になじみます。
通常の床面はベロアなどのように非常に毛羽立った粗雑な部分ですが、コードバンはまったく正反対。 とても緻密です。
このために、長く使用するうちに屈曲部分の銀面が剥離する事も、「浮き」と呼ばれる現象がコードバン革財布では起きることもありません。
コードバンにはタンニンなめしが用いられ、クロムなめしが行われることはありません。
コードバンはたいへん美しく、強靭な革ですが、生産量が極端に少なく、非常に高価なので手に入れることが年々難しくなってきています。
コードバン革財布は最高の革で作られた最高の革財布なのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。